ドキドキ

 

なんかすごく胸が苦しいんです。

ここ1週間くらいずっとそう。

辛いよお。。。

理由?

ああ。。。

プレゼンを控えてビクついてるだけですが何か??

このドキドキが恋ならいいのにな。

似てるけどね。

好き過ぎて苦しい時に。

恋したいよー!

 

 

 

嬉しいです

 

さっき、初めて星マークいただきました✨

ありがとうございます❗️

とっても嬉しいです❗️

引き続きよろしくお願いします😊

スポーツジムの見学を予約

 

毎日つまらない。

刺激がない。

何かしよう。

そして予約しました。

スポーツジムの見学✨

運動神経が死ぬほど悪いんですけどね。

とにかく走ることが嫌いです。

不安(笑)

 

自己分析

 

婚活をやめて、婚活中の出来事を書くのが面倒になってしまった。。。てなことで、婚活の話はまた気が向いたらということで🤗

婚活の結果、自分のことがよーく分かりました。就活してた頃は自己分析なんてしたことなかったのに、婚活ってすごい。

婚活前の理想

①身長175以上

②自分以上の収入

③年齢は自分(31歳)以上〜43歳

④共働き希望の人

⑤小綺麗な清潔感のある人

婚活後の理想

①身長180以上

②年収1500万以上

③40歳前後

④仕事やめていいよって言ってくれる人

⑤清潔だけどワイルドで色気のある人

はい。理想があがってます。わかってます。。。

婚活して、色んな男性に会って、わかってしまったのです。私は収入の低い人は無理です😖すみません。低いというのは、私と同じくらいの人も含みます。やっぱり、私は男性に対して、この人には勝てないなあと思いたいんです。憧れていたいんです!それと収入は関係ないという人もいるかもしれませんが、収入は男性のすごさを測る一番の指標だと思うんです。お金を稼ぐのって大変じゃないですか!辛いことも、嫌なこともいっぱいして、それでも負けずに頑張ったから、お金って稼げるんです。だから、収入が自分と同じでは、尊敬できないのです。女の私と同レベルでどうする?ってなっちゃうみたいです。

あと、年齢ですが、私は同世代の男性と話していると、自分を抑えながら話してしまうみたいです。こんなこと言ったら引かれるだろうなあとか思って、本当の自分が出せません。私、結構ぶっ飛んだ思考回路なので、思ったことをそのまま言っちゃうと、男性がビビってしまうのです。でも、40歳前後くらいの相手だと、歳が離れているので、普通の女性が言わないことを言っても、斬新な発想だねえ😳みたいな反応してくれるんです。それと、私の隣にはおじさまが似合うと思うんです。私の外見的に😅

最後に清潔感ですが、清潔なのは絶対に大事ですよ!けど、小綺麗な男性に多いのが、動きが滑らかでなくて、ロボットみたいな感じ。。。油さしましょうか?みたいな💧前回のお盆くんはそんな感じでした。今まで、色白でサラッとした感じの人が良いと思っていたのに、お盆くんと出会って、タイプが変わってしまいました。見た目なら原田泰造さんが良いなあ💕

今の理想どおりの人に出会うことができないのなら、私はひとりでいいです。十分食べていけますから。もちろん寂しいですよ。けど、安定より刺激が好きな自分に妥協の結婚は合いません。

もし、理想の人が現れたら、土下座して付き合ってくださいって言おうかな(笑)

 

 

お盆くんとのデート 0回目

 

はじめてのお見合いパーティーにてカップリングした43歳税理士さんとのその後についてを書いていきまーす!

このお方、以後「お盆くん」と呼ばせていただきますね(笑)良き相談相手である我が母が考えたニックネームです。

では、いってみましょー!

 

お見合いパーティーが終わったのが20時半。カップリングした人はパーティーのあったビルの1階で待ち合わせします。

私たちは1階で再会し、軽く挨拶を交わして、駅の方向へ歩き出しました。

他の婚活ブロガー様による情報では、カップリングした後は軽くお茶をするのが一般的とあったのですが、終わるの遅かったし、明日から仕事だし(今日は日曜)、このままお開きかしら?と考えながら、お盆くんとはこんな話をしながら歩いていました。

お盆くん「いやー、こんなことあるんですね。」

私「??」

お盆くん「カップリング出来るなんて思ってなくて。」

私「よく参加されるんですか?」

お盆くん「久しぶりなんです。1年振りくらいです。参加されたことありますか?」

私「今日が初めてです。」

お盆くん「ああいう場所でこんな出会いがあるなんて凄い事だよ。。」

私「そういうものですか?」

お盆くん「そうだと思うよ。」

凄い事であるのは、私も後に知ります(笑)

こんな風に話していると、あっという間に駅に到着してしまいました。

お盆くんと私は帰る方角が違うという事で、私が帰る電車の改札まで一緒に来てくれました。

お盆くん「普通はこの後に軽く食事でもとは思うんだけど、実は。。。パーティーの前にお弁当買っちゃったんだよね (^◇^;) 」

そう言って、お盆くんは膨れたカバンを見せてきた。

私「え(爆笑)?何買ったんですか(爆笑)?」

そして私、図々しくも膨れたカバンを覗き込む。

お盆くん「ハンバーグ弁当だよ。もしかして、ご飯まだ?これで良ければいる?」

私「いらないです(笑)食べて下さい(笑)」

お盆くん「だよね(笑)いらないよね(笑)まさかカップリングするなんて思ってなかったからさ (^◇^;) 知ってたら買わなかったのにー。」

お盆くん「じゃあ、今度ランチでもどうかな?○日か○日って空いてない?」

初回デートが休日のランチ!誠実さが感じられるではありませんか!そして、誘い方も結構スマート!すぐに日にちを決める人好きですよ!

私「両方大丈夫ですよ!」

お盆くん「じゃあ、○日にしよう!それと連絡先交換しておこうね。」

LINEではなく、ショートメール派ということで、電話番号を交換しました。

お盆くん「気を付けて帰ってね!」

私「はい!」

そして私は、改札を入ってちょっと歩いたところで、改札の方へ振り返ってみました。

そしたら、お盆くんが手を振ってくれました!

前に付き合っていた人は、改札入ってすぐ振り返っても、いつもいなかったんです。。

なので、すごく嬉しかったです!

私も手を振ってお辞儀をしてからホームへ歩き出しました。

 

と、お見合いパーティー後からデートの約束まででした!

お弁当って!!!って思うかもしれませんが、そんな嫌な気がしなかったんですよね。

むしろ、面白い人だなって思いました。あと、次の日がお互い仕事だったので、すぐに帰ることができて良かったです。

後々、お盆くんから言われたのですが、私がカバンを覗き込んだ件について、お盆くんも私の事を面白い子だなあと思ったらしく、私的には思わず失礼な事をしたと反省していたのですが、逆に親近感が湧いて良かったらしいです。

フィーリングが合うとはこういう事かもしれませんね。

 

つづく

 

 

 

同期会で思った事 ②

 

さてさて、②モテるけど早く既婚者というステータスが欲しくて結婚したパターンが問題なのですよ。

 

私、30歳になってすぐ、ある男性にアプローチを受けました。

こいつ。。

 

既婚者なんです!!!

 

なんなんですか!?一体なんなの!?

三十路の寂しい女は落としやすいとでも思ったの??バカにしやがってー!!

 

話が外れてる?

いいえ、このバカ男は、問題のパターン②なんですよ。20代で結婚して、子供が小学校から中学生くらいで、本人は40歳前半。これから、お爺さんへの道にお進みになる方。枯れる前の一足掻きでしょう。

 

私になんて言ったと思います?

「家族を捨てる気はないけど、妻を女と見れない。今、久しぶりに(私に)恋をしている。僕はどうしたらいいんだろうか。」

 

知らねー!!!!!

あ、ちなみに、こいつの外見全くカッコ良くないですよ。芸能人で言うなら、ワイルドさゼロのケンコバケンコバさん、すみません。。

もう、吐き気しかなかったです。

どうしたらいいって、とりあえずあの世にでも行ってくださいまし。

 

男性全員が不倫するわけじゃない?

いえ、チャンスがあればします。しない男性は、しないのでなく、できないだけです。

 

同期会でも既婚者が多くいましたが、彼らは40歳くらいになった時、一度は考える事でしょう。

このまま、妻だけで終わっていいのかと。。枯れる前に、他の女を見ておきたいと。。

今は、新婚だったり、子供が産まれて間もないだったりで、忙しいからいいんです。でも、もう大きなイベントがないんですよ。そこそこお金に余裕のある彼らは、果たして将来、奥さんだけを見ていられるのでしょうか。。

 

イケてるのに未婚の同期が数名いましたが、彼らはまだ遊び足りないのでしょう。良いじゃないですか、まだしばらくは遊んで、30歳後半くらいになって、若い女の子と結婚すれば。正しい選択だと思います。

 

要はですね。20代で結婚した人には難ありです。

要注意です!!

 

同期会、非常に勉強になりました。

 

同期会で思った事 ①

 

今回、過去の婚活話はお休みです!

 

一昨日は会社の同期会に参加してきました。

いやー、既婚者多かったです(私以外の同期会メンバーは全員男性)。

ただ、メンバーの中でもモテそうな数名は未婚でした。

私の個人的意見ですが、20代のうちに結婚を決める男性はダメだと思います。このダメには2パターンありまして、

①モテない自分の事を良いと言ってくれたから結婚したパターン

②モテるけど早く既婚者というステータスが欲しくて結婚したパターン

まあ、①についてはダメというか、そもそも①に該当する人に対して私は全く興味がないので、そう言う意味のダメです。

同期は、一般的には高収入の分類に入ります。おそらく、安定した家庭を築きたいと考える女性にとっては、男性としての魅力がなくても、旦那としての魅力を感じたのでしょう。家族3〜4人ならそこそこ満足に養う経済力はありますからね。

ただ、お金持ちとまではいかないんですよ。家族を持って、奥さんが専業主婦ならば、ある程度の節約生活は必要です。

なので、同期と結婚した女性はこう言っていることでしょう。外見じゃなく中身で結婚を決めたと。。

笑えますね。

完全にお金目当てです。自分をちゃんとそこそこ養ってくれる男が欲しかったんですよ。今の時代、そこそこ満足に養っていける収入がある男性が少ないですから。

残念ながら、私の場合、同期の男性と同じ収入なので、そこそこ満足に養ってくれるという面について、なんの魅力も感じないんです。

そして、節約生活は嫌なので、もし同期と結婚すれば、共働きしないといけません。

子供が産まれたら、保育園に送って行って、仕事して、保育園に迎えに行って、夕ご飯を作って。。

完全に共働きの女は不利です。

それで、旦那に「一緒に頑張っていこう」とか言われたら、張り倒したくなりますね。。

しかも、男性としての魅力がないとくれば、全くもって対象外です。

ちなみに、同期の男性のタイプも2つに分かれます。1つ目は、亭主関白で奥さんには専業主婦でいて欲しいタイプ(通称:男尊女卑タイプ)、2つ目は、共働きによるダブルインカム必須で自分が自由に使えるお金を減らしたくないタイプ(通称:ノンプライドタイプ)ですね。

私は両方嫌です。絶対に。。

あと、男性って仕事自慢する人が多いじゃないですか。俺はこんなプロジェクトを任されてるんだとか、営業成績が今月トップだったとか。。私が聞いて、本当に凄いと思ったら、素直に凄いねって言えますが、相手が同期となると、それくらい普通じゃない?私もそれくらいやってるけど?ってなるので、それを自慢してくる男性が滑稽に見えてしまうんです。

色々書きましたが、言いたかったのは、

一般的な女性が安定した家庭を気付く事を幸せと感じる一方で、私は自分自身でその安定を手に入れてしまっているため、それだけでは幸せを感じられないというという事です。

重病ですね(笑)

 

さてさて、問題はパターン②です。

 

つづく