読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お盆くんとのデート 0回目

 

はじめてのお見合いパーティーにてカップリングした43歳税理士さんとのその後についてを書いていきまーす!

このお方、以後「お盆くん」と呼ばせていただきますね(笑)良き相談相手である我が母が考えたニックネームです。

では、いってみましょー!

 

お見合いパーティーが終わったのが20時半。カップリングした人はパーティーのあったビルの1階で待ち合わせします。

私たちは1階で再会し、軽く挨拶を交わして、駅の方向へ歩き出しました。

他の婚活ブロガー様による情報では、カップリングした後は軽くお茶をするのが一般的とあったのですが、終わるの遅かったし、明日から仕事だし(今日は日曜)、このままお開きかしら?と考えながら、お盆くんとはこんな話をしながら歩いていました。

お盆くん「いやー、こんなことあるんですね。」

私「??」

お盆くん「カップリング出来るなんて思ってなくて。」

私「よく参加されるんですか?」

お盆くん「久しぶりなんです。1年振りくらいです。参加されたことありますか?」

私「今日が初めてです。」

お盆くん「ああいう場所でこんな出会いがあるなんて凄い事だよ。。」

私「そういうものですか?」

お盆くん「そうだと思うよ。」

凄い事であるのは、私も後に知ります(笑)

こんな風に話していると、あっという間に駅に到着してしまいました。

お盆くんと私は帰る方角が違うという事で、私が帰る電車の改札まで一緒に来てくれました。

お盆くん「普通はこの後に軽く食事でもとは思うんだけど、実は。。。パーティーの前にお弁当買っちゃったんだよね (^◇^;) 」

そう言って、お盆くんは膨れたカバンを見せてきた。

私「え(爆笑)?何買ったんですか(爆笑)?」

そして私、図々しくも膨れたカバンを覗き込む。

お盆くん「ハンバーグ弁当だよ。もしかして、ご飯まだ?これで良ければいる?」

私「いらないです(笑)食べて下さい(笑)」

お盆くん「だよね(笑)いらないよね(笑)まさかカップリングするなんて思ってなかったからさ (^◇^;) 知ってたら買わなかったのにー。」

お盆くん「じゃあ、今度ランチでもどうかな?○日か○日って空いてない?」

初回デートが休日のランチ!誠実さが感じられるではありませんか!そして、誘い方も結構スマート!すぐに日にちを決める人好きですよ!

私「両方大丈夫ですよ!」

お盆くん「じゃあ、○日にしよう!それと連絡先交換しておこうね。」

LINEではなく、ショートメール派ということで、電話番号を交換しました。

お盆くん「気を付けて帰ってね!」

私「はい!」

そして私は、改札を入ってちょっと歩いたところで、改札の方へ振り返ってみました。

そしたら、お盆くんが手を振ってくれました!

前に付き合っていた人は、改札入ってすぐ振り返っても、いつもいなかったんです。。

なので、すごく嬉しかったです!

私も手を振ってお辞儀をしてからホームへ歩き出しました。

 

と、お見合いパーティー後からデートの約束まででした!

お弁当って!!!って思うかもしれませんが、そんな嫌な気がしなかったんですよね。

むしろ、面白い人だなって思いました。あと、次の日がお互い仕事だったので、すぐに帰ることができて良かったです。

後々、お盆くんから言われたのですが、私がカバンを覗き込んだ件について、お盆くんも私の事を面白い子だなあと思ったらしく、私的には思わず失礼な事をしたと反省していたのですが、逆に親近感が湧いて良かったらしいです。

フィーリングが合うとはこういう事かもしれませんね。

 

つづく